TEXT

TEXT


夏も真っ盛りなある日、ついに私は[メイドカフェ]ならぬ、『メイド居酒屋』と言うものに行くことになった。

そもそも、発端は同じバイト仲間が行ってきたと聞き、私はいてもたってもいられなくなったから、「じゃあ今度はみんなで行こう。」ということになったのである。


当日、私はこの後夜勤が待っているにも関わらず、メイド居酒屋で飲む、という強行軍に挑戦した。
なにより、以前からメイドをこの目で見てみたかったというのが私に強く働きかけたからだ。
それに、ホンモノの
『ニーソックス』というのも、この目で拝んでみたかったのだ。



店内に入ると予想どおりの
「お帰りなさいませ、ご主人さま。」の声。

さすがに初めての体験だった事と、店内が以外にも明るかった(照明)ので一瞬ひるむ。

我々はコンビニ夜勤集団の精鋭五人と、大人数だったので奥のボックス席へ。すでに大画面モニターにはアニメが…。

よく見ると、カラオケもできるみたいで、そのリモコンにはなんと、
『アニソン限定』の文字。

そうか…
「私はとうとう危険区域に足を踏み入れてしまったんだなぁ。」
としみじみ思った一文であった。



とにかく、じっと店内を観察してみる。

なかなかカワイイ、いや萌える子が多いではないか。


それに
なんと言ってもニーソックスだろう

もうみんな足がホントにキレイで思わずドキドキしてしまう。
(*´д`*)ハァハァ

「みんな、ここは天国かい!?」そう感じずにはいられなかった。

私は本来、ビールというものは飲めるのだけど、好きではなかった。しかしどうだろう。そこでのビールは格段にウマいではないか。
この後、夜勤があることと金銭面を考えて、酒を飲むペースを抑えるのが大変であった。

このメイド居酒屋は、カラオケがメインのようで、お客・メイド共に結構歌う人が多かった(アニソン)。私も人より多少アニメの知識があることを自負していたのだが、実際歌われている歌が分からず、まだまだ修行不足感が否めない事を改めて思い知った。

やっぱガンダムは知ってないとあかんかw

そんでなんだかんだで2時間。退店の際には「行ってらっしゃいませ、ご主人さま。」の送り出し。
「よーし、今日も仕事(夜勤)頑張るぞ!」ってなもんです。

また行きたいと強く思うtaka9であった。


Back.

SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー